作業療法士の講習会について

作業療法士は高齢者や障碍者を対象に軽い作業を通して、生活の質を上げようとする専門家です。そのため、活躍できる場は高齢者施設から精神科の病院まで非常に幅広くなっています。
しかし、活躍できる幅が広い分、身に付けるべきスキルは非常に多く、積極的に講習会等に参加する必要があります。作業療法士の講習会にも様々な種類がありますが、高齢者施設に勤務する作業療法士を対象とする講習会においては、どのような作業を利用者に提供するのかに加え、介護技術についても学びます。


また、高齢者特有のトラブルとなる褥瘡や転倒、認知症についても専門的に学ぶ場となります。精神科に勤める作業療法士を対象とする講習会においては、精神科で実施するプログラムについて学習します。



その中では精神疾患を持つ人のコミュニケーション力を高めるためのSSTといったツールについて学ぶ他、再発を防ぎ、リカバリーを促進するための心理教育の進め方についても学習します。



その他にも、依存症を持つ人を更生させるためのプログラムの組み方や実践の仕方についても学びます。
勿論、精神科でできる軽作業についても学ぶこともできます。


作業療法士は多くの施設であらゆることができるように要求されますが、その一方で、スキルアップのための講習会がいつどこで行われているのかはなかなか情報が入ってきません。
しかし、時には専門外である、認知行動療法や心理検査といったものも積極的に取り入れると、仕事の幅ももっと広がるはずです。