講習会で学ぶ作業療法士の仕事

講習会で作業療法士が学ぶことは病気やけがの初期段階で行う急性期の作業療法で、病気やけがの直後からリハビリテーションを開始することが大切です。



その時の症状に合わせて心と体の基本的な改善を援助しながら、将来の生活を見越して新たな機能が低下することがないよう予防に努めていきます。

具体的には自分で食事ができる練習や生活空間の中を自分で移動できる練習、特にトイレが自分で使えるようになる練習は重要です。



病気やけがの直後からリハビリテーションを開始する理由は高い効果が期待できるからで、作業療法士が一緒になってその人らしい生活ができるようサポートしていきます。


次に講習会で学ぶのは回復期の作業療法で、服や靴を着脱する練習や調理や掃除といった家事の練習、ショッピングなど外に出る練習をしていきます。

急性期の作業療法を終えると病気やけがの状態も安定してきており、より具体的な生活をイメージする段階になってきます。

作業療法士はその人なりの生活方法を一緒に考え、機能や能力の改善をはかりながら生活していくために必要な生活方法の習得を支援していきます。

講習会では住み慣れた場所でその人なりの生活を送ることの大切さを指導されます。
生きがいを持って社会の中で豊かに生きるためには、生活期の作業療法が必要不可欠です。
自助具を使って趣味やレジャーを楽しんだり、仕事場に近い環境での就労支援などより生活しやすい環境作りが大切です。



学ぼう社会の事

着替えやトイレに行くあるいは食事をしたりお風呂に入るといった日常的な生活行為のことを作業と呼んでいて、人が日常生活を送るうえで欠かせない活動です。生まれながらにして重い障害があったり、病気やけがなど年齢や性別に関係なく日常の生活に支援が必要なすべての方に作業療法士は社会とのつながりを作業を通じてサポートする存在です。...

more

最新考察

作業療法士とは、日常生活をスムーズに送るための複合的動作の可能な幅を広げる訓練を行うリハビリ専門家です。また就労に向けての作業能力や耐久性、集中力や正確性の向上を目的とした、社会復帰に向けた職業前訓練なども行います。...

more

納得の知識

作業療法士は高齢者や障碍者を対象に軽い作業を通して、生活の質を上げようとする専門家です。そのため、活躍できる場は高齢者施設から精神科の病院まで非常に幅広くなっています。...

more

社会のコツ

言語聴覚士は1997年に国家資格となった比較的新しい職業です。その業務は話す、聞く、食べるなどの行為が何らかの事情によって困難な人に対して症状改善のためのリハビリやトレーニングのメニューを作成したり、その原因を突き止める研究をすることになります。...

more